痛風と尿管結石のためのサプリ

痛風と尿管結石の効果的な予防法と治し方-サプリで効率的な対処を!-

激痛を招く症状のそれぞれの原因と改善策

血糖値と尿酸値の関係~「糖尿病」と「痛風」を併発させないために必要な対策~

生活習慣によって、引き起こされる健康トラブルの症状は幅広いものですが

それらは互いに影響しあっているものです。

 

「病名」がついているものから、ちょっとした「違和感」まで様々であり

その中の1つとして、「痛風」は特につらい症状として知られ

特に高い血糖値に悩んでいる方というのは、その発症リスクは高いものと言るのです。

 

というもの、

 

生活習慣病・その周辺トラブルにしても、基本的なリスクは共通しているものであり

「食生活」を中心とした、今まで経てきた生活習慣が関わるためです。

 

そのため、「痛風と糖尿病は関係があるのか?」という疑問に関しては

「もちろん、関連性の非常に高いものである」と言えます。

 

痛風は「高尿酸値症」と呼ばれる、血中の尿酸値が高い状態でリスクが高まる

「関節炎」の症状であり、四肢の先端(特に足の指)が「風が吹くだけで痛い」ことで知られます。

 

発生要因が血糖値の慢性的な高まりである、糖尿病の過程と似ており

上記したように、根本的な原因が「積み重ねた食習慣」にあることから

 

血糖値が高い=尿酸値が高い可能性が高い

 

ということが言える症状になります。

 

血糖値が高いことで尿酸値も高くなる理由

 

尿酸値が高くなってしまう理由に関しては

<プリン体の摂りすぎ>ということで、広く知られてることと言えます。

 

ただし、必ずしもそうとは言えないものであり

基本的には、「体質」に大きな影響を受けると考えられています。

 

同じ食生活をしていても、高くなる人・ならない人があります。

 

これに関しては、他の生活習慣病とも共通することです。

 

またプリン体の象徴として、「ビール」を想像する方は多いと思われますが

「甲殻類」「魚卵」を中心として、ビールよりも「危険」なものは多いのです。

 

加えて「水分不足」は、それが日常的になっていることによって

「潜在リスク」を高めるものであり、更に慢性的に尿酸値が高い人が

水分不足に陥った際には、「痛み」といった症状が出やすいと言えます。

 

このことからも、やはり「浸透圧」といったものが関わることが分かります。

 

痛風の対策は、基本的には他の生活習慣病と同じく

「食生活の改善」という、極めて当然といえる働きかけになります。

 

ただしその特徴からも、より集中的に対策することもでき

  • プリン体の高い食材を制限する
  • 水分補給をこまめにする(不足させない)

 

加えて「クエン酸」の摂取が、有効とされています。

 

また尿「酸」を中和させるために「アルカリ性」の食材の摂取も

(クエン酸は酸性ですが、体内でアルカリ性に変換されます。)

 

「痛風」の症状に関して詳しく知る

 

プリン体を多く含む食材・・・

  • 甲殻類(エビ・カニ)
  • 魚卵(たらこ・かずのこ)
  • レバー
  • 干物(青魚)

 

アルカリ性の食材・・・

  • こんにゃく
  • 根菜
  • ナス
  • キャベツ
  • バナナ

 

身近なものも多く、意識するのはそれほど難しくないものばかりです。

 

痛風の症状におすすめの成分「アンセリン」

 

更に最近では、尿酸値を低下させるために非常に有効成分として

「アンセリン」という成分が注目されています。

 

聞いたことのない方も、多いと思われますが

過剰に発生した尿酸の排出を促す、根本対策となる成分です。

 

アンセリンは、食事による摂取も可能な成分ですが

上記したしような「プリン体の多い食材」に含まれることも多く

「あっちをたてれば、こっちたたず」という状況になってしまうリスクがあります。

 

そのため、サプリでの摂取がおススメの成分と言えます。

 

血糖値と尿酸値の同時ケアにおすすめのアイテム

 

「血糖値と尿酸値を同時にケアできるアイテムがあればいいのに・・・」

 

と思っている方は多いと思います。

 

「糖尿病サプリ」に加えて、「痛風サプリ」を習慣化するのは

お金もかかるものであり、またメンドウなものでもあります。

(服用を忘れてしまっては、効果が半減してしまいます。)

 

そういった方におすすめのサプリが、当サイトでも紹介している「糖通打破」になります。

 

一石二鳥サプリ「糖通打破」

 

血糖値をはじめとした、各種生活習慣病全体のケアのための成分が配合されており

また上記したアンセリンも含まれているため、まさに「一石二鳥以上」と言えるサプリです。



 

アンセリンを配合したサプリ自体が、非常に数が少ないものであり

同時に他のリスクに備えることができる「糖通打破」は、非常に貴重なアイテムと言えます。

 

「糖通打破」の詳しい解説ページへ

 

>>「糖通打破」の公式サイトはこちら

 

どちらも進行させてはならない症状

 

「痛風は痛いから避けたい」

 

そう思っている方も多いかもしれませんが、

痛風に至る、また生活習慣病を抱えた体の状態というのは

最終的に「動脈硬化」のリスクを高める点が、最も懸念すべき本質と言えます。

 

生活習慣病の予防・改善というのは

この動脈硬化を防ぐことが、最終的な目的でもあるのです。

 

ブドウ糖・尿酸共に、血液の質を悪化させる要素であり

これらの数値を減らすことは、痛み・各種症状を避けるだけでなく

将来的な、より深刻なリスクを避けることにつながるのです。

年をとるごとにむくみやすくなる原因と改善策

「最近、浮腫(むく)むことが増えてきた」

 

そういった傾向は、中年以降、特に女性を中心に珍しくない現象です。

 

というのも、

 

むくみとは「代謝」「循環機能」といった

体の中の「めぐり」が大きく影響を与える現象であり

そして<それら全てが衰える>と言っていいい

30歳以降の女性というのは、むくみが起きやすくなっているのです。

 

そして、このむくみは「肩こり」や「頭痛」といった

中年以降に頻発する要素、更年期障害に含まれる症状を

招くことにつながる症状であり、早く解決するにこしたことはない症状です。

 

「むくみ(浮腫)」とは、「血液」「リンパ液」といった

「細胞液」を含む、「体液」の<浸透圧>が狂うことによって発生します。

 

主に<塩分の過剰摂取>が、浸透圧を狂わせることになりますが

これ自体は、年齢・性別に関わらないものです。

 

また、<特定の同じ姿勢をとり続ける>ことも

体液の滞りを起こすため、むくみにつながる原因であり

更に、肩こりを招く典型的なきっかけになります。

 

徐々に変化してくるむくみの原因

 

上記の要因に加えて、<女性ならでは>のむくみ要因も存在します。

 

それは「女性ホルモン」の変動であり

主に「排卵後」に分泌される「プロゲステロン」の仕業と言えます。

 

排卵後~月経までの機関というのは、「妊娠するため体」に切り替わるタイミングであり

そのため、様々なものを体に<溜めやすい>状況を作ります。

 

妊娠後に、妊婦がむくみやすい原因はまさにこの現象からであり

溜めやすい・排出しにくい状況になっているのです。

 

若い女性(若かった頃)は、生理前にむくみに悩んでいた女性も多いと思います。

 

一方で、年をとるということは女性ホルモンの分泌が

全体的に(女性ホルモンにも種類がある)少なくなることになり

代わりに<別のむくみ要因>が発生することになります。

 

「代謝」の劣化と「血液の質」の低下

 

それは、あらゆる<健康問題>の根本的な要因ともなる

  • 代謝機能
  • 血液の質

 

これら2つの低下によるものです。

 

まず代謝機能の劣化によって、余計なもの・いらないものの排出がしづらくなります。

 

更に血液の質が劣化するということは、「詰まりやすい(滞りやすい)」ということであり
そもそもの、むくみの要因を増幅させてしまうことになります。

 

「加齢」は<女性>という枠を超えたむくみ要因なのです。

 

<むくむしかない状況>の完成

 

また女性ホルモンの減少は、血管を狭くすることにつながるため

(エストロゲンには血管を拡張する働きがある)

必然的に、高血圧の傾向が出てきます。

 

そのため高血圧の初期症状としても、知られています。

 

以上の体の変化は、「冷え性」を悪化させる要因でもあります。

 

そしてもちろん、冷え性はむくみを「悪化」「定着」させるものと言えます。

 

なりやすい・取りにくいにむくみの完成です。

  • 女性ホルモンの減少
  • 血管が狭くなる
  • 代謝機能の悪化
  • 血液の質の悪化
  • 冷え性

 

これらによって、中年女性は<むくむしかない>状況が作られるのです。

 

中年以降のむくみの解消法

 

ならば、若い時期よりも効果的な改善に取り組む必要があります。

 

まず「対策」という意味では、「塩分を控える」ことが必ず必要です。

 

そもそも、体液の浸透圧を崩さないことが最も根本的な対策であり

これは結果的に高血圧の予防にもつながるため、できるだけ早く取り入れる必要があります。

 

リスクの上昇に伴って、まずは対策が何より重要になってきます。

 

加えて、<血液の質の悪化>を防ぐと共に<血管の質の低下>も防ぐ必要があり

そのためのアプローチというのは、共通するものです。

 

血液をサラサラに・血管を健康に

 

血液の質を高めることは、血管への負担をなくすことでもあり

また内臓の代謝機能の疲弊を防ぐことで、健康的なリスクの低下にもつながります。

 

現在の、血液の質の改善の主流は

「DHA」や「EPA」といった「不飽和脂肪酸」の摂取であり

スーパーに行けば、「いい油」等の関連商品が多数陳列されています。

 

また食材からの摂取を考えた際には

  • 青魚
  • まぐろ
  • うなぎ

 

といったものが挙げられますが、現代では食卓に並ぶことが少なくなってしまっています。

その代わりに、「サプリ」の利用者が増えており、その種類も豊富な時代です。

 

以上は、「アンチエイジング」としても有効なアプローチであり

また血液の質の改善は、中年以降の健康を保つうえで欠かせないものでもあります。

体全体の健康を考えた際に「血液の質」が一番大切な理由~サプリを利用する際の注意点も~

尿酸値や血糖値が気になる方が、サプリを中心とした

何らかのアイテムを利用していく場合には、

どれにしようか、と迷ってしまうことも多いはずです。

 

その理由としては、現在販売されているサプリは・・・

「とにかく種類が多い」という理由に尽きるはずであり

目的を絞ったとしても、その中でも無数に種類があるはずです。

 

そしてそういった方がサプリを選ぶ際には

「血液」にアプローチができるアイテムを、ぜひおすすめします。

 

その理由としては・・・血液は体全体に流れるものであり

何らかの健康トラブルが起きる際に、鍵となっていることが多い要素であるためです。

 

他のサプリの効能に比べ、血液を綺麗にするアプローチによって

得ることができる基本的なメリットが、非常に多いという点

 

更に<何よりも優先して>血液に働きかけることによって

結果的に、他のサプリの効果をより効率的なものとすることができる点です。

 

血液の質を上げることによって、まず血流が改善することになります。

 

それによって、「めぐり」が改善することで

  • 冷え性の解消
  • むくみの解消

 

以上の効果を、<直接的に>見込むことができます。

 

更に、血流が良くなるということは

スムーズに酸素・栄養が運ばれることでもあり

  • 肌のたるみ
  • 肌のシワ
  • 肌質

 

これらの向上を目的とした

サプリ・栄養素が行き届きやすくなります。

 

女性にとっては、より嬉しいメリットであり

痛風や糖尿病の不安を抱えているのは、女性だけではありません。

 

つまり

  • 他のサプリとほぼ同じ効果
  • 他のサプリの効き目の増強

 

これらによる相乗効果のために、まず<優先すべき>ことであると言えます。

 

早く始めるに越したことはない

 

また、こういった「体調系・健康系」サプリは

「中年のおじさん・おばさんが飲むもの」というイメージがあるかも知れませんが

「健康」はもちろん、「美」を目的とした場合にも効果的であり

それは始めるのが若いほどに、より恩恵を受けやすいものです。

 

また何らかの健康問題が発生してから、利用を始めるよりも

若い時期にこそ「より意味がある」ものであり

本来の・有効な利用を実現することが出来るはずです。

 

そもそも、体調が悪くなることによって

「肌質」や「顔色」といった、美に大きく影響を与える

要素に関しても、デメリットが出やすくなります。

 

サプリを生活に取り入れる際の注意

 

不規則な生活習慣や食習慣のサポートとして、
サプリを使用している人も多いと思います。

 

一昔前であれば、「プロテイン」と同じく

アスリートが体作りのために摂取するものという印象がありましたが

2000年頃からサプリメント市場は急速に拡大しました。

 

最初こそ、「ビタミン」と「ミネラル」

それも「マルチ」か「個別」のみでしたが、

  • コエンザイムQ10
  • 葉酸
  • 亜鉛

 

といった、効果の違う様々な栄養素が無限に増えてきており

今では何らかのサプリを摂取しているのは、当たり前になってきています。

 

通常販売されているサプリは、必ず1日分の用法容量が書いてあります。

 

「1袋一気に飲むと命に関わる」ということはありませんが

大量摂取しても、その分大きな効果が出るということはありません。

 

大量摂取による副作用がある成分もあり、全て吸収されるわけではないため

少しオーバーするくらいなら大丈夫ですが、用法容量は守りましょう。

※結石が癖になっている場合にはより注意が必要です。

 

サプリを摂取する際に、特に注意が必要な人として

  • 他に常飲している薬などがある方
  • 妊娠・授乳中の方
  • アレルギー体質の方

 

以上が上げられます。

 

過剰摂取は厳禁ですし、場合によっては服用も控えましょう。

 

他の薬との併用は、「カルシウムと強心薬」や

「鉄分と甲状腺ホルモン薬」等、特に注意が必要な組み合わせもあります。

 

基本的には「サポート」となるアイテム

 

極端なサプリメント愛好者や、初心者の中には
チョコレート(糖質)で「エネルギー源」を確保して

サプリで「栄養」を摂取すれば、それだけで生きていけるじゃないかという

極端な行動をとる人もいますが、あくまで「栄養”補助”食品」になります。

 

病気を治癒することもありません。

 

栄養素は、口からの自然の食材からの摂取が何よりも一番です。

 

食事制限を含む、ダイエットに挑戦している方にとって

今となっては、なくてはならない存在とも言えるサプリは

うまく利用することで、非常に効果的なものです。

 

存分に効果を活かすための量・タイミングを自分なりに考えて見ましょう。

最近の投稿
当サイトがおすすめする2大「一石二鳥サプリ」