痛風と尿管結石のためのサプリ

痛風と尿管結石の効果的な予防法と治し方-サプリで効率的な対処を!-

激痛を招く症状のそれぞれの原因と改善策

尿管結石を溶かす・小さく方法はあるの?~何より早めの「排出」を意識する~

レントゲン検査などによって、尿管(尿路)結石が見つかった後というのは

「覚悟」を決めると同時に、「なんとかして小さくならないかな~?」と思う方は多いはずです。

 

実際に、気が付かない間に排出されている結石もあり

あくまで<大きいものが(大きくなると)痛い>というものでもあります。

 

また、実際に痛みを感じる際というのは

「尿道」ではなく、あくまで「尿管」という内臓との懸け橋となる部分ですが・・・

 

とは言っても、とにかく大きくなる・痛くなることは避けたいはずです。

 

最大級の痛みが発生する、尿管に移動するタイミングというのは

まさに「クライマックス」とも言えますが、その前になんとかしたいものと言えます。

 

「大きくなる前に排出する」ことを優先

 

しかしながら、一度発生してしまった結石という存在は

基本的には、それ以上小さくなることは現実的には難しいと言えます。

 

「ウロカルン錠」と呼ばれる、有名な結石の処方性も存在します。

 

この処方薬に配合される「ウラジロガシエキス」というものは

お茶に配合されて販売されているものも存在し、昔ながらの対処であると言えますが

「溶かす」「小さくする」というよりは、「食い止める」というものになるようです。

 

そのため発生してしまった結石は、「出しやすくする」ということが最善の手段となりま。

 

上記の「ウロカルン錠」も、利尿効果による排出が主な目的でもあります。

 

結石は、体内に存在する限り「成長」をするものであり

大きくなる前に排出する、ということは非常に重要な考え方です。

 

成長してしまった結石への対処としては

超音波によって、「粉砕」することが主な方法ですが

そのレベルの大きさの結石が存在する時点で、痛みと隣り合わせなのです。

 

尿管結石を排出するためには、「利尿剤」までいかなくとも

水分を多めにとる、また新陳代謝を上げるために

運動・半身浴を取り入れる、といった方法はたくさんあります。

 

そしてこれらは、同時に結石の予防にもつながるものであり

できる前・できてしまった後に関わらず、習慣化しておきたいことと言えます。

 

実際に、「早く出るように、たくさん水を飲みましょう」ということは

医療機関でも言われることであり、ある意味で常識的なことですが

気になり始めたら、即行動に移すことが大切です。

 

「できやすい」ことを受けれいて次に備える

 

というのも、

 

結石には<再発しやすい症状>という特徴があるため

一度なった人というのは、それが若いほどに<できやすい体質>であると言えます。

 

そのため、発覚した後というのは<次>に備えることが大切です。

 

たとえできやすい傾向があるとしても、発生後に早めに排出できる状態を整えておけば

痛い思いをしなくて済む、という最大のメリットにつながります。

 

血液を健康に保つことこそ、最大の予防策と言えます。

 

当サイトで紹介している2つのサプリというのは、

そんな血液の健康を守る、昔ながらの成分が豊富に含まれています。

 

尿酸値対策に最もおすすめの「慈凰(じおう)」の効果と口コミ

 

血糖値・プリン体にも働きかけたいなら「糖通打破」の効果と口コミ

 

何より「作らない」ということが、最も重要であることは言うまでもありません。

 

「本当に痛い」からこそ、「本気の対策」を始めましょう。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
当サイトがおすすめする2大「一石二鳥サプリ」