痛風と尿管結石のためのサプリ

痛風と尿管結石の効果的な予防法と治し方-サプリで効率的な対処を!-

激痛を招く症状のそれぞれの原因と改善策

年をとることで肥大する前立腺が招く「頻尿」と「抜け毛・薄毛」

「頻尿」とは、前立腺が肥大することによって招かれる、「尿意を感じやすくなる」症状です。

 

その根本的な原因には、男性ホルモンである「テストステロン」

そして、その変異体である「ジヒドロテストステロン(DHT)」が関わっており

更に、その根本原因は<老化>であると言えます。

 

そのため、基礎的なリスクに関しては

誰もが避けられないものであり、何らかの対策が必要になります。

 

しかしながら、頻尿を招く要因はそれだけではありません。

 

身体機能の劣化による頻尿

 

頻尿を招く要因は、「前立腺の肥大」だけではありません。

 

下半身における、前立腺・膀胱を中心とした

身体機能が衰えることで、「漏れやすく」なるのです。

 

以下の内容は、女性であっても当てはまるものと言えます。

 

「膀胱」の劣化

 

まずは「尿を溜めておく」ための器官である

「膀胱」自体が劣化していることによって、尿を溜めておけなくなっていることで

「許容量」が少なくなってしまっていることが挙げられます。

 

溜める力・我慢する力、両方が衰えてくることによるものと言えます。

 

下半身の筋力の低下

 

更に、膀胱を支える筋力の劣化に加えて

尿意を我慢させる働きを持つ「肛門括約筋」といった

「支える」機能を持つ組織の劣化によるものです。

 

膀胱の衰えと比例するように、加齢による身体機能の劣化として

非常に典型的なものが、排尿器官にも影響しているのです。

 

衰えを最小限にする努力

 

衰えているものは、まずは「衰え」を止めること

更に、状態を改善・向上させていくことが必要になります。

 

膀胱の状態を、ピンポイントで改善することは難しいため

やはり、それを支えるものである「周囲の筋力」を増やすことが先決です。

 

そのためには、運動習慣を取り入れること

それに加え、下半身を意識した「筋トレ」も継続していきたいものです。

 

立腺肥大のメカニズムとノコギリヤシが有効な理由

 

薄毛(脱毛)と、頻尿につながる前立腺肥大は

「性ホルモンの変質によって、結果的に発生するものになります。

 

これらの症状には、その他の様々な要因も影響していますが

やはり男性ホルモンが、最も大きなカギを握っている要素であり

この要素を解決しないことには、根本的な予防・改善はできません。

 

そして実際にこの悪さをしているのが、ジヒドロテストステロンであり

  • 脱毛の促進
  • 発毛の抑制
  • 前立腺の肥大

 

こういった、「男性にとって致命的な症状」を招くことになりますが

問題の本質は、ジヒドロテストステロンが生成される過程にあり

それを防ぐ働きを持っているとして、ノコギリヤシは注目されています。

 

「ジヒドロテストステロン」が発生してしまうメカニズム

 

「AGA(男性型脱毛症)」のメカニズムの解説の際に、必ず登場する理論になりますが

男性ホルモン(テストステロン)は、日々一定の割合でジヒドロテストステロンに変換されます。

 

しかしながら、それまでの過程には様々な物質・代謝・反応が関わっており

最終的なジヒドロステロンの生成を抑えるヒントも、その過程にあると言えるのです。

 

ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンであるテストステロンが

「5αレダクターゼ」と呼ばれる、「酵素」に出会うことによって発生します。

 

そして「レセプター(感受体」と呼ばれる細胞が

ジヒドロテストステロンを感じることで、その弊害が体に現れるのです。

 

育毛剤のCM等で、「レセプターブロック」という言葉を聞いたことがある方もいるはずですが

レセプターにジヒドロテストステロンを感じさせなくすることもまた、有効であることは確かです。

 

より早い段階で防いでおく

 

一方で、ノコギリヤシの働きというのは

レセプターが感知するのを防ぐ、更にその前の段階である

ジヒドロテストステロンが生成される過程である

「テストステロンがと、5αレダクターゼの出会い」を邪魔します。

 

結果的に、ジヒドロテストステロンの発生を抑制し

レセプターとの新たな出会いを心配することなく、より根本的な対策ができると言えます。

  • 禿げること
  • 漏れること

 

これらの症状を招く過程を、まとめて解消するのです。

 

実際には、ノコギリヤシに含まれる独特の「脂肪酸」が

5αレダクターゼの働きを抑制するためと考えられており

いずれにしても、最も大きな要因の解消につながります。

 

以上のメカニズムの根本的な理由は、やはり加齢であると考えられ

「年をとるとそうなる」という、老化による一種の生理現象としか言えません。

 

男性ホルモンとは、あらゆる面で「男らしさ」を引き出す物質になりますが

たまに「やりすぎてしまう」ことで、逆転の効果を生むことになります。

 

これは「癌(がん)」と同じく、一定の割合で細胞が変質してしまうことと同じく

その際には、「古い細胞」の方がリスクが高くなります。

 

だからこそ、「中年のおじさん」によく見られる現象なのです。

「男の更年期障害」とも言える症状であり、乗り越えなければならない時期が、必ず来ます。

 

必ず、対策をしておかなければならない症状なのです。

 

>>敏感な肌におすすめの化粧品

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
当サイトがおすすめする2大「一石二鳥サプリ」